前へ
次へ

不動産登記は税金を支払う先を明確にするため

私たちが土地や建物の取引をする際に必要なのが不動産登記です。
一体不動産登記は何のために必要なのでしょうか。
それが理解できていない人たちはかなり多いと思います。
実は私もそのうちの一人でした。
これから不動産の売買をするかもしれない人たちとか、あるいは、不動産の相続の可能性がある人たちにとっては必読の読み物となるでしょう。
これは絶対に知っておかなければならないお話なのです。
土地や建物の登記をするというその目的は所有者を明確にさせるためです。
それを基にして固定資産税などの請求がなされるからです。
つまり土地や建物などのような不動産を登記するということは、それで税金の支払いの準備ができるということにつながります。
この点を知らない人が大変多いのです。
所定の登記の手続きをしなくて遺産相続などをすると後で大変なことになります。
本人が登記をしていないと思っていても、それは自動的に遺産として引き継がれるのです。
本人が知らないうちに突然税金の請求が来るので腰を抜かしたりすることが多いです。

Page Top