前へ
次へ

不動産登記の名義変更を自身で行う場合について

不動産登記の名義変更を自分自身で取り組むことは、プラス面とマイナス面があります。
メリットとして 費用を減らすことができる点があげられます。
司法書士といったその道のプロを通せば報酬金額を支払わないとなりません。
不動産登記における名義変更を個々に実行すれば報酬金額相当分の必要となる費用を浮かせることが可能となります。
一方でデメリットとして 時間と労力がかかる点があります。
不動産の名義変更を自分自身で行うというようなケースでは、いろいろな必要な関係書類をとりまとめたり、非常に古い戸籍抄本を解読しなければなりません。
書類を間に合わせるのにも、遠方の役所の関係書類が必要とされるケースでは直接足を運ぶか郵送することによって取り寄せることが必須条件です。
それに加えて、遺産分割協議書それから、贈与契約書や財産分与契約書といった法的書類を作らなければなりませんので専門家に依頼するほうが負担は少ないといえます。

Page Top