前へ
次へ

不動産登記に関することはしっかりと法律で

不動産登記という行為があるわけですがこの登記という行為自体きちんと法律で決められていることであり、根拠が決まっているものになります。
当事者の申請又は官庁・公署の嘱託に基づいて、行うようになっています。
そして、登記官が行うことになります。
その不動産などが二つの管轄区間に跨る場合においては、法務大臣あるいは法務局などが不動産に関する事務をつかさどる登記所を指定することができることも決まっているわけです。
そういうことが明確に決められているからこそ不動産登記というのはしっかりとした法律的な行為として認められるわけです。
これらは結局のところ何をしているのかということになりますが不動産の所有権やその他権利に関することの記録というのがここで決められるということになります。
これによって誰が所有しているのか、どんな権利が土地建物に付与されているのかというのが確認できるようになります。
これは公示されるようになっています。

Page Top