前へ
次へ

不動産登記はなぜそれが必要なのでしょうか

私たちが土地や建物などの不動産を取得した場合には、その不動産について所轄の法務局にお出かけして不動産登記の手続きをしなければなりません。
国が不動産登記の制度を設けたのには理由があります。
それで土地や建物などの所有者が誰なのかを明確にすることができるからです。
と言いますのは土地や建物の不動産自体には、名前を書いたり持ち歩いたりすることができないからです。
これが不動産という名前の由来なんです。
必要なのは登録する土地や建物の所在地です。
それから必要なのが土地や建物の面積です。
建物についてはその構造なども登録しなければなりません。
不動産の登記で名義が変更されますが、その所有者の住所や氏名などをまちがいなく記載しなければなりません。
これらの作業は所轄の法務局でなされますので一般の人には敷居が高いのかもしれません。
ですがこの登記の作業をおろそかにしておくとあとで大変なことになります。
例えばご両親が亡くなったらすぐに法務局にお出かけして不動産の登記をするのが良いことです。

Page Top