前へ
次へ

不動産登記に関することはマンションでも

不動産の登記というのは当然ですが、マンションなどにもあることになります。
これは区分建物というものになり、区分建物の登記記録には敷地に関する権利というのが記録されていることになります。
通常、土地と建物が一体化している形での取引がされるわけですが、登記記録も一体化している形として記録されることになります。
不動産登記をすることによってその権利を主張するということができるようになるわけですから、これは確実にやらないといけないことになります。
不動産登記は、民法、そして不動産登記法などによって律されているものであり、不動産登記の事務は法務局、登記所において行われることになります。
これは法務局において登記官という人が行うようになっています。
土地に関する記録がしっかりとしているということが国にとってもかなり重要なことであるということが明確なわけです。
これによって固定資産税などの徴税なども行われるということになるからです。

Page Top